見て分かるものをウリにしよう(動画の作り方)


近所に新しいレストランができたとします。

 

そのレストランのチラシが手に入りました。
そこにはこう書かれています。
 

「美味しいですよ」
 

・・・どう思うでしょうか。

 

これ、ウリになっていませんよね。
 

それには、2つの理由が言えると思うんです。
 

一つ目の理由。
 

食べ物のお店はみんな「美味しい」はずですから。
多くのお店の中から選んでもらう理由になっていないんです。
 
二つ目の理由。
 
食べたことがない状態で「美味しい」とアピールされても意味がないから。
文字を見ても伝わらないんです。
 
「食べれば分かるよ」というのは、傲慢ですし怠慢。
 

女性を口説く時、
 
「俺、いい人なんですよ」
 
なんて言ったらおかしいですよね。
 

* * * *
 

しかしですね。
 
動画を作ろうとする時につい、
 
「うち、美味しいんです」
「俺、いい人なんですよ」
 
みたいな動画にしてしまうんです。

 

サービスを行う人、
商売をする人、
ものを作る人は、みんな、
 
当然のことながら、
ウリにしたいことを持っていると思います。
 
言いたいことがいっぱいあると思います。
 

ただ、
それらを全部詰め込むことが、
動画の企画ではないんです。

 
みなさんの数多くのウリの中から、
 
(1)見て分かるウリを選び、
(2)見て伝わるように表現する
 
ことが必要なんですね。

 

冒頭のレストランを再び例に使って解説します。
 

(1)見て分かるウリを選ぶ
 
これは、
 
お店の外観、
店内の雰囲気、
お客さんの層、
料理、
接客の様子、
 
みたいなことが挙げられるでしょう。

 
そしてこれらをどう表現すると「伝わる」のかを考えるわけです。

 
(2)見て伝わるように表現する
 
夕暮れになり、お店の看板が、ポ、と点灯する。
昼間の日差しの中、玄関の観葉植物がゆっくりと風に揺れている。
 
お客さんで埋まった店内を、笑顔の店員さんが元気よく動き回っている。
お客さんと談笑するコックさんの笑顔のアップ。
 
小さい男の子の口にスプーンを運ぶ笑顔の母親。
美味しそうに食べている年配の夫婦。
 
肉汁が湯気とともにキラキラ輝くハンバーグ。
盛り付けられた料理の手前のグラスに赤ワインが注がれていく。
 

* * * *

 
動画を作るときは、
「見て分かる」ウリなのかどうか、
という視点はとても重要です。
 
動画の企画の時、
ぜひ念頭に置いてみてくださいね。