どこで撮るか、にもこだわろう


動画を作るとき、

 

「機材はどれがいいか」
「何を伝えるか」
「編集ソフトは何を使うか」
 

などがよく話題に挙がります。
 

しかし、
 
「どこで撮るか」
 
にはあまり重きを置かれていない、
とよく感じるのです。
 
というのも、
 
「会議室が空いてないからここで」
「時間がないからこの辺で」
「そこまで行く予算ないから」
 
など、
 
撮影場所については、
妥協されている発言が多いからです。
 
 
私は映画制作の方が専門ですが、
映画づくりでは、
【撮影場所=ロケ地】
を最初にこだわります。
 
誰が何を言うか、と同じくらい、
どこで何を言うか、が大事だからです。
 
撮影場所がどこなのか、
その動画がどこで撮影されているか。
 
これが、どれだけ雄弁か。
そして、それがどれだけ大事なことか。
 
考えてみてください。
 
 
●相手の部屋を見て、
その人の家庭環境を想像しませんか?
 
●女性を口説く時、
きれいな景色の場所に行きませんか?
 
●大事な商談がある時、
高級な場所を選びませんか?
 
「場所がどうでもいい」
なんて、大間違いだと思いませんか。
 
 
ただ、場所が大事と言っても、
 
高級=素晴らしい
 
ということではありません。
 
伝えたい内容や見せる相手にとって、
適切かどうかを考える、ということです。
 
成功した実業家は豪華な執務室で
撮影する方がいいかもしれませんし、
 
これから伸びて行くベンチャーは、
雑然とした狭い部屋が適切かもしれません。
 
寄付金を集めたいのに、
無駄に広い部屋に高級なイスがあると、
「そんなことにお金をかけてんじゃないよ」
と思われるかもしれません。
 
逆に、
 
雑然とした部屋でしか撮れないので、
一眼レフを使って背景をぼかして撮影する、
 
なんて発想もいいかもしれません。
 
 
いずれにしても、
 
「どこで撮影するか」
 
もしっかりと考えてくださいね。
 
【背景】も雄弁ですよ。