息子がユーチューバーに!


小学生の息子がいるのですが、
例に漏れず、ユーチューブにハマっています。
 
うちには様々な撮影機材がゴロゴロしており、
彼は小さい頃から、動画撮影に抵抗がありません。
 
・・・そのため、
彼が「ユーチューブを作りたい
と言い出したのは、自然な流れなのでしょう。
 
考えてみると、私自身が、
ユーチューブに動画を長年アップし続けています。
 
「父親をユーチューブで見る」
ことにも慣れているわけです。
 
さて、彼は
「ユーチューブを作りたい」
と言いました。
 
よくよく話を聞いてみると、
「ユーチューバーになりたい」
のではなく、
「ユーチューブを作りたい」
 
つまり、
ユーチューブみたいな動画を作りたい、
という意味だったようでした。
 
それを聞いて、
「これはいいかも」
と思ったのです。
 
彼は工作が大好きで、
その延長での動画ですが、
 
これまでの工作とは違い、
<自分が被写体になる>
のです。
 
自分が撮る側になることと、
自分が撮られる側になること。
 
これは大きな違いがあります。
 
撮られる側でしか分からないことも多い。
撮られることで気づけることも多い。
 
これはいい勉強になるなと考えました。
 
映像リテラシーを身につけてもらう
お遊びとしてのユーチューブ動画制作を始めました。
 
私のiPhoneが制作環境です。
 
・・・と開始したわけですが、
実は、私の方が気づきが多くなるという結果となりました。
 
それをいくつか共有してみたいと思います。
 
* * * *
 

●カメラの向こうを意識し始めた。

 
まず、話し言葉が丁寧語になってます。
「・・・なんですけど、」など。
 
工作を作る動画では、
もたついているときに、
「ちょっと待ってくださいね」
などと口にしているのがおかしい。
 

●話し方の上達。

 
最初に作ったのは、子供用のプラモデルを組み立てる動画でした。
スマホを前にして、話しながら一人で組み立てていく。
 
撮った後にそれを見た息子は、
次の動画から話し方が少し変わりました。
 
最初の動画では、自分の話し方が
いまいち聞き取りにくかったのでしょう。
 
原因は、下を向いて話して、
声が小さくなったりしたこと。
 
もちろん、私から見ると、
まだまだ改善すべき点が多い。
(そういうのは野暮なので言いませんが ^^;)
 
映像的な話し方、と言うのがまだ分かってないためです。
 

  • 編集しやすいよう、きちんと区切って話す
  • 項目を体系立てて話す
  • 相手が分かるようなスピード感で分かる言葉を選んで使う
  • 内輪受けのネタは避ける

 
といった部分は今後の課題です。
 

●特撮も理解が早い。

 
ある時、
「ジャンプしたら別のところに
瞬間移動するの撮りたい」
と言い出しました。
 
ある場所でジャンプし、
着地したら別の場所にいる。
 
カット編集を要求してきたわけです。
 
これはiPhoneに入っているiMovieで簡単に編集できます。
(一般的な動画編集アプリならどれでもいけるはず)
 
これが楽しかったようで、
次々とアイデアを口にし出します。
 
「小さくなりたい」という要望は、
立つ位置の奥行きを変えて実現しました。
 
「ドアを開けたらクマがいる」は、
うちにあるグリーンバックを使い、
パソコンのソフトで編集しました。
 
この辺りからは、誰でもネタではないですね。
また、動画の合成処理は、
スマホの無料アプリでは限界があります。
 
ただ、実際の操作は父親がやるとして、
動画の撮影アイデア、編集アイデアは、
作れば作るほど思いつくようになっていきました。
 
また、ユーチューブを見ながら、
「ここにカメラを置いている」
「こうやって撮ってる」
など、見抜けるようになってます。
 
ちなみに、
 
完成した動画は、
ユーチューブに「限定公開」でアップロード。
 
家族、親族、パパ友ママ友間だけで公開しています。
 
感想や意見をもらった息子は、
「次はこんなのを作りたい!」
と日々、鼻息を荒くしています。
 

ご興味ある方はお気軽にご連絡ください。
http://dougadiy.com/form/