動画は2本目からが勝負


初めて、仕事で動画を作った時のこと。

 

当時、一般企業に勤めていた私は、
動画事業の立ち上げに絡みました。

 

2002年くらいのことでしたから、
普通の企業としてはかなり早い動きだったと思います。
 
社内の唯一の動画制作者として
「まずはうちのPR動画を作ってみてよ」
と上司に軽く頼まれました。
 
それまで映像に関わってきたものの、
教えてくれる人もおらず、徒手空拳で作ってきました。
完全に独学です。
 
スキルにはそれなりに自信はあったものの、
いざ仕事で!となるとビビります。
 
それでも会社のビルとか社員のインタビューなどを撮影して、
短くまとめました。
 
まあ、ここまでは良かったのです。
 
問題は、この後です。
 
大きなモニターに映像を映して、
事務所内の全員で鑑賞が始まりました。
 
(それほど大きな会社ではなく、
全員が興味津々で集まりました)
 
そして、鑑賞が終わりました。
 
みんなが口々に言葉を発します。
 
が、出てくたコメントは、
インタビューを受けた社員への冷やかし、
くらいです。
 
上司も、何もコメントしないのも、と、
あれを入れたほうがいい、
と無理やりひねり出したようなコメントをする。
 
★動画を見て、
的確に講評できる人はいない。
 
これが現実です。
 
「いいんじゃない?」
「あれも入れようよ」
みたいな、【感想】が関の山。
 
そして、ですね、
 
社内に動画を作る文化がない企業は、
(圧倒的ほとんどがそうだと思いますが)
最初の一本に「過剰な注目」が集まります。
 
あちこちの現場を見てきた経験では、
 
最初の一本は、上司と担当者だけでなく、
関係ない部署の人や、かなりの上層部までが注目します。
 
動画を「チェック」する人が
必要以上に増えてしまう。
 
その結果、
「あれもこれもどれもそれも付け足さざるを得なく」なります。
 
みんなが【感想】を言うからです。
 
問題は、
上層部の【感想】は指示になってしまうこと!
 
言葉は悪いですが、
そんな動画が良い結果になることはありません。
 
* * * *
 
私が動画の講師をやっていて、
時々無力感を感じるのはここにあります。
 
撮影や編集のテクニックではなく、
結局動画もまた、
 
コミュニケーションの問題
 
を抱えています。
 
ここにシンプルな回答は用意できません。
 
ただ私は次のことを口を酸っぱくして繰り返すのみです。

●企画段階で次の2点を決めておく

  1. 何分以内にまとめるか、決めておく。
    そして、延長は絶対しない。
  2. 決裁者は誰かを明確にしておく。
    関係ない人の意見は聞かない。

とはいえ、最初の一本は、
どうしようもない気がしています。
 
だから、最初は実験的に、
すごく簡単な企画にしてはどうでしょうか。
 
「会社へのアクセス動画」とか。
 
※声が入ると途端に難しくなるので、
最初は、映像とテロップだけで成り立つものがオススメ!
 
動画は2本目からが勝負かもしれません。