映像制作の費用はなぜこうもバラバラなのか。


dougadiy004

ネットで検索すると、様々な金額の会社があることが分かります。

実際にいくつかの制作会社を知っていますし、
自分でも制作を請け負ってきました。

映像制作にかかる費用について、詳しく見てみたいと思います。

 

適正な価格を知る意味でも、費用の内訳を知っておくのはいいことだと考えます。

 

まず、技術的にどうしようもなくひどいということはない、と言えます。

もちろん経験の有無はあるでしょう。
それでも、制作会社として業を行っている以上、目も当てられないような映像ということはないと考えても大丈夫です。

安いところはありがたいと思います。

どうしても最初は、金額に目が行くと思います。

 

動画制作にかかるコストは、ほとんどが人件費です。

 

カメラマンの人工だったり、拘束時間、編集にかかる時間などです。

 

よほど特殊な状況(巨大ホールでの撮影とか、空撮とか海上沖での撮影とか)
でない限り、機材の費用はそれほど大きくは影響しません。

 

このコストをいかに下げるか、を考えると、次にしぼられます。

 

  1. 安い人員を使う
  2. テンプレート化・パターン化
  3. 内容がシンプル
  4. 一作目を安く受注し、別の制作につなげる

内容がシンプルというのは例えば、次のものが考えられます。

  • 写真を並べて映像化にしている(撮影をしない)
  • 撮影場所が1カ所だけとか、撮影時間が短い

金額の安さを謳っている会社については、このあたりを確認しておくといいでしょう。

 

ちなみに、僕は安さをアピールすることを否定しません。
そうしないと多くの企業が振り向いてくれない現実があります。

 

でも、価格でしか選べないのは、依頼主にとっても、制作会社にとっても不幸なことと考えます。

 

価格がしぼられると、できることが減ります。
動画というものに過剰に期待した依頼主からすると肩透かしを食うことになってしまいます。

 

仮にオプションであれもこれもとつけていくと、
考えていた予算を大幅にオーバーしてしまうという事態も待っています。

もちろん、ただお金をかけさえすれば満足いくか、というと必ずしもそうでもありません。(まあ、お金をかけないよりは、可能性がぐんと上がりますが)

 

「つくりたいものが、どの程度の作業が発生するのか」
「何にお金がかかって、どうすればコストを下げられるのか」
「あといくら使えばどこがどう改善されるのか」

 

★こういったことを丁寧に誘導してくれる制作会社を選ぶべきでしょう。
単純に金額以外の部分をどこまで見分けられるか。
これは、大きな課題として残ります。

 

一言で動画と言っても、制作会社によって得意分野が違います。

 

  • プロモーション企画が得意なところもあります。
  • 最新機材や、技術を駆使するところもあります。
  • 大手の実績が豊富なところもあります。
  • セミナー撮影など、特定のジャンルに特化しているところもあります。

 

 

こういったポイントを分かった上で選べるならベストですが、検索しても、この違いはなかなか見分けられません。

 

こういった発注スキルの向上が依頼主にも求められ、今後は必須となっていくのでしょう。

 

<依頼する側の作りたいもの>
<制作会社の得意なこと>
をマッチングしたい。

そのため、いろんな情報を提供していきたい。

 

場合によっては、制作内容の分かりやすいディレクションのアドバイスに入りたい。

そのための手助けサイトになれればと思っています。

是非、お気軽にご相談ください。