大きなサイズのデータをやり取りする方法


動画を作っていると、必ずぶち当たるのが、

「大容量の動画ファイルのやりとり」

です。

 
動画だけじゃなく、最近では写真1枚でも
数MB、数十MBあったりします。

 

もう、写真1枚ですら、
メールに添付なんてできないのです。

 

さて、クライアントにデータを渡す時、
どうやって送るのがベストなのでしょうか。

 
こう言うとすぐに返事が返ってきます。

 

「無料のデータ送付サービスがあるよ」と。

 

 

▼宅ファイル便
https://www.filesend.to/
・無料では300MBまで
・有料では5GBまで

 

▼ギガファイル便
http://gigafile.nu/
・1ファイル75GBまで
・個数無制限

 

このあたりのサービスが有名ですね。

 

 

▼dropboxで共有する

▼USBメモリに入れて渡す

なんて方法もよく使われているのを見かけます。

 
他にもあるでしょうが、
さて、一体どうしたらいいのでしょうか。

 

 

私の考える正しい答えは、

★相手によって使い分ける

です。

 
「どうやってデータをお渡ししましょうか」
と相手に確認するのです。

 

こちらがどんなツールを知っているかではなく、
相手に合わせた方がいいのです。

 
ネットのツールとかに対し、
拒否反応を示す人は意外に多い。

 

無料ツールを使うと、そこから届くメールに
気づかない可能性もあります。

 

相手が無料ツールからのメールを
拒否設定していることだってあります。

 
企業によっては、
セキュリティ上、無料ツールを
嫌がることもありますし、

独自のファイル共有サービスを
用意しているところもあります。

 
USBメモリや、HDDに入れて、
直接持って行っていたこともありますし、

サーバ上に共有スペースを作ってもらい、
都度アップロードしたこともあります。

 

 

これからますます、
ファイルサイズは大きくなっていく一方でしょう。

 

だからこそ、
「あなたに都合のいい方法に合わせます」
という柔軟さも持っていたいと思うのです。