無料の動画共有サイトvimeo(ヴィメオ)なら、動画にパスワードがかけられる!


無料の動画共有サイトと言えばYoutube。

でも・・・

Youtubeは、動画にパスワードがかけられないのが難点です。

 

  • 公開
  • 限定公開(URLを知っている人だけ見られる)
  • 非公開(誰も見れない)

この3択のみ(※2014.4.10現在)。

これだと、パスワードをかける、というのとちょっと違います。

 

そこでご紹介したいのが、vimeo(ヴィメオ)。
https://vimeo.com/

無料の動画共有サイトで、Youtubeとともに人気です。

 

vimeo(ヴィメオ)なら、動画にパスワードがかけられます。

 

vimeo(ヴィメオ)の欠点は、日本語表記がないこと。

でも、基本的な使い方は、英語でも十分理解できます。

[注釈] その後、日本語化されています。(2015.6 現在)

 

○始め方

アカウントを取得・ログイン

vimeo001
vimeo002
背景画像が切り替わるのも、憎い演出です。

ログイン後の画面

vimeo003
英語だらけで抵抗がある人もいるかもしれません。
ご安心ください。
ここから、必要最低限のポイントだけしぼってお見せします。

○覚えておきたい基礎項目

マイページ

vimeo004

動画の管理ページ

vimeo005

アップロード

vimeo006
これだけで十分でしょう。

○パスワードをかける方法

動画を選択

vimeo007
動画を選択し、

vimeo008
アップロード中・・

vimeo009
完了です。

少し注意書きが出ています。
これは、パワーポイント資料を書き出したので、「音が入っていませんが?」というコメントです。
丁寧ですね!

 

パスワードをかける

vimeo010
vimeo011
vimeo012

かけたあとの動画管理ページはこんな感じになります。
鍵マークがついていますね。

このままクリックすると、ログインしている管理者自身なので動画が見れます。

そこで一旦ログアウトして、一般ユーザーとして動画のURLにアクセスすると・・・

vimeo013

 

きちんとパスワードがかかっているのが確認できました。

 

vimeo(ヴィメオ)は、クリエイターに人気だそうです。

Youtube が有名なだけに、vimeo(ヴィメオ)を使っていればちょっと目立てるかもしれませんね。

 
hosoku