動画は短くないとイライラされる


打ち合わせの場や、飲み会の席などで、

 

「ちょっとこの動画見てください」

 

とスマホやタブレットを
持ち出されるケースが増えてきました。

 

話すよりも、見せたほうが早いから、
というわけですね。
 
動画を見せられる私は、
こういう場合、かなりの確率で
 
イラッ
 
とするんです。
 
イラッとする理由はシンプルです。
 
その動画がダラダラしている」から。
 
「むしろ話した方が早いじゃないか」
という内容が多く、
相手が楽をしようとしているとしか感じない。
 
一人なら早送りなどもできますが、
目の前に相手がいたらじっと見るしかない。
 
* * * *
 
よく、カメラの選び方、
編集ソフトの使い方について聞かれますが、
本質はそこではありません。
 
素人の動画が敬遠される理由は、
ダラダラしている
長い
だと思っています。
 
言い換えるなら、
 
動画を作るときはとにかく
できる限り短くすることを考える。

 
「じゃあ、何秒くらいですか?」
という質問もまた、的を得ていません。
 
見る側の【心理的な長さ】を考えることです。
 
例えば、打ち合わせの席で、
機械が動いている様子を見せてもらうとします。
 
これは確かに動画が適しているでしょう。
 
しかし、動画を再生して、
 

  1. ロゴが出て、
  2. 工場の全景が映り、
  3. 働く人々の笑顔が・・・

 
ああああああ、早く、機械が動いているところだけ見せて!

となるのです。
 
(※適当に書いたので、もしこの通りに作られている動画があったとしても、それを非難する訳ではありません)
 
動画を作る側の身になって考えると、
完成した動画は長くなりがちです。
 
これもまた、作り手の心理です。
 
撮るものを絞るのは、危険です。
 
撮り漏れが発生したり、
撮影素材が少なすぎたり、
撮影に失敗して使い物にならなかったり、
するからですね。
 
これは、プロも同じこと。
時間の許す限り、たくさんの素材を撮影することは必須。
 
ここまではいいのです。
 
しかし、いざ編集に取り掛かると、
たくさんの撮影素材を前にして、
 
「これも要らない」
「あれも要らない」
とポンポン削除ボタンを押すことができない。
 
「せっかく撮ったんだから」
「たくさんある方がいいだろう」
なんていう発想になりがちなのです。
 
結果、必要以上に長い動画になっていく。
 
★編集することとは、削除することと見つけたり
 
とでも言いたいくらいなのです。
 
その動画を見る人のこと、そして
視聴するシチュエーションまで考えて、
徹底的に動画を短くする。
 
撮影した時のことは一旦頭から外す。
 
動画の最適の長さ、に決まりはありません。
 
だからこそ、自分(達)でそれを決めないといけません。
 
動画を掲載する場所、
それを見るタイミングなどから、
 
最適な長さをなんとなく決める。
私の動画制作はそこからスタートします。
 
だいたい、私の中の分類は次の通りです。
 

  • 5から10秒(SNSなど)
  • 30秒(プロモーション・概要など)
  • 1から5分(解説・レッスンなど)
  • むしろ長い方がいい(教材など)

 
そして「30秒以内」と決めていても、
編集段階で、28秒にできないか、
さらに1秒削れないか・・・
と考え続けるのです。