動画づくりの壁


動画制作には
おおまかに次のような工程があります。

1)企画を立てる
2)シナリオを書く
3)準備をする
4)撮影する
5)編集する
6)公開する

 

今回は、この工程の中にある、
大きな<壁>について
お話ししたいと思います。

 

それぞれ、
考えることもやることも違います。

どれが一番大変か、
なんてことは言えません。
それぞれ大変さがあります。

 

ただ!

 

僕がこれまでいろんな制作現場を経験して、
そして多くのアドバイスをしてきて、
感じる<壁>が一つあります。

 

動画の壁はこれ!

それは、

2)シナリオを書く

3)準備をする

ここです。

 

企画やシナリオというのも、
意見がまとまらなくて大変だったりしますが、
それでも社内やチーム内でなんとかなるもの。

しかし、いざ撮影となると、
そこから一気に関わる人が増えます。

 

話がいきなり、現実的になっていきます。

しかも、撮影日が決まっていたりして、
時間も無くなります。

撮影場所が使える時間の制限もありますし、
関わるスタッフのスケジュールも限られます。

とにかく、怒涛のように時間が過ぎて
パニックになるのがここなのです。

 

だから、ここから外部の制作会社に
依頼する企業もあるでしょう。

自社で撮影するのではない場合は、
ここから手が離れることになります。

 

つまり、何が起きているのか、
撮影が終わってデータを確認するまで、
よくわからなくなる部分です。

ワクワクするかもしれませんし、
不安で仕方ないかもしれません。

 

やはり、

2)シナリオを書く

3)準備をする

ここは大きな分岐点なんです。

 

動画制作の難しさは、
ここにあります。

どんなにしっかり企画しても
(したつもりでも)、
いろんな人が登場して、
思いもよらぬ方向に行ってしまうことがあるんです。

 

だからこそ、
最初の企画段階で、
方向性をぶれないようにすることが大重要です。

 

映画の世界では、
『シナリオが王様である』
という言葉があります。

これは、最初にどれだけ作り込んだかですべてが決まる、という意味でもあるんですね。