プロモーション動画の目的から分かること


プロモーション動画を作る目的は一つ、
「目立ちたい」「話題になりたい」
ということだと思います。

 

これはどういうことかというと、
「他と同じことをしたら意味がない」
ということなんです。

 

言い換えると、
「どこかと同じ動画を作るのなら、作る意味があまりない」
ということなんです。

 

ここに、プロモーション動画の難しさがあります。

 

 

他のプロモーション動画の成功事例を参考にするのはいい。
 
でもそれって、他人の合格体験談ばかり聞いてる受験生みたい。
合格にするには、聞くだけじゃ前に進んでいない。
 
自分の中に比較するものがあってこそ、
つまり、自分で勉強してこそ、
他の人の体験談も、自分の身になる。
 
やっぱり、動画を作りたいのなら、
自分でも動画について知らないといけないと思うんです。

 

誰もが、「いい動画を作りたい」と言います。
 
どうやってそのいい動画を作るかとなると、
多くの場合「プロに頼もう」「実績がある会社に頼もう」となります。
 
これには2つの理由があると思います。
1)リスクを回避したいから
2)動画の勉強・経験がある人がいないから
 
これをもう少し見てみます。

 

まず、1)リスクを回避したいから。
 
リスクは誰も取りたくありません。
だから、他の成功事例をせっせとチェックする。
しかし、同じことをしても意味がないんです。
 
とはいえ、突飛なことをやって炎上した事例もいっぱいありますね。
そしてまた、足が止まってしまう。
 
動画というのは、
目的と視聴対象を明確にすることで、
無難で役に立つ企画を立てることができます。
 
必ずしも、突飛なものでなくてもいい。
企画方法はこのメルマガでも頻繁に触れています。
そういう視点でもお読みください。

 

次に、2)動画の勉強・経験がある人がいないから。
 
周りを見渡しても、動画に詳しい人って
ほとんどいないと思います。
動画が話題に上がるようになって
まだせいぜい数年ですからね。
 
であれば、皆さん自身で動画を学んでしまえばいいのです。
 
しかし「撮影してみましょう」と言うと100%こう言われます。
いやー、私はセンスないんですよ」と。
 
センスって何でしょうか。
私は、「センス」と言うのは、
ある程度の経験を積んだ結果わかるものだと思っています。
つまり、センスというのは、経験値に比例する。
 
多くの人が、動画を作ったことがないのにもかかわらず、
「センスがないんです」と言うのは
それこそナンセンスじゃないか。
 
だとしたら、正確には
「やったことないから自信がありません」
という表現の方が正しいですね。
 
言い換えると、
やりさえすれば、多少は自信がつくかもしれません」なんです。
 
これが、自分でやってみるべき、と考える理由です。

 

プロを目指す必要はありません。
 
自分で分かることが増えるだけで、
企画力も上がるし、制作会社とのやりとりも濃くなるのです。