似顔絵の描き方


私は昔から、
絵を描くのが趣味の一つです。

 

絵にもいろんな種類があり、
自分でも得意なものと、
得意じゃないものがあります。

 

『精密なデッサン』は楽なんです。
 
ただひたすら、丁寧に描き続ければ
それなりの答えにたどり着けるからです。
 
そして、描き込む線が多いほど、
より精密になっていきます。
 
しかし、以前はこの
『精密なデッサン』をよく描いていましたが、
やがてつまらなくなってしまいました。
 
周りの人の反応が、
「ふーん」
「上手だねー」
で終わりだから。
 
* * * *
 
『精密なデッサン』の対極に、
『似顔絵』というものがあります。
 
『似顔絵』をうまく描けたときは
周りの反応が大きく異なります。
 
「ワハハ」と笑い、
「似てるー!」と感心する。
 
描いた方としても、
それだけ食いついてくれると嬉しい。
 
そしてこの『似顔絵』、実はとても難しい。
私も苦戦しているのです。
 
うまくいく時といかない時があるから。
 
『似顔絵』というのは、
なるべく描き込む線を省く必要があります。
線が少なければ少ないほど、
「上手な似顔絵」だと私は考えています。
 
似顔絵を描いたことがある人は少ないでしょう。
似顔絵ってどう描くのでしょうか。
 
精密画と違い、
丁寧に模写することは似顔絵ではないんです。

 

目の前の人の顔を見て、
 

  • 人の印象に残るのはどこか
  • この人だと認識するポイントは何か
  • 他の人と違う部分はどこか

 
これをじっくりと観察することから
似顔絵描きは始まります。
 
大事なのは、
自分がどう見るかではなく、
 
★第三者から見てどう判断されるか
 
です。
 
「他人が、この人物を識別するポイントは何か」
ということ。
 
似顔絵は、このポイントを見つけ出し、
それを大げさに強調して描いていきます。
 
これを提示することで、
似顔絵を見た人は「面白い」と笑ったり感心したりする。
 
プロの似顔絵師は、この行動が早い。
 
いつだったか、プロの似顔絵師が
インタビューに答えた記事を覚えています。
 
「僕は相手の顔をじっくり観察しません。
最初にパッと見て、その印象をキープして描きます」
 
これには、膝をポンと打ちました。
 
似顔絵を描くときは、
あまり観察し過ぎてはいけないのです。

 
* * * *
 
さて、動画の話です。
 
サービスや商品のPRをする時、
『似顔絵』を描くように
動画を作らないといけないんです。
 
動画を作ろうとすると、
「あれも伝えたい」
「これも伝えたい」
「あれも入れよう」
「これも入れよう」
と、詰め込もうとする。
 
まるで『精密なデッサン』を描くように。
 
しかし丁寧に一つずつ
表現することがPR動画作りではない。
 
目の前の商品を見て、
 

  • 人の印象に残るのはどこか
  • この商品を認識する特徴は何か
  • 他の商品と違う部分はどこか

 
これをじっくりと観察することから
PR動画作りは始まります。
 
大事なのは、
自分がどう考えたかではなく、
 
★第三者から見てどう判断されるか
 
です。
 
他人が、この商品を識別するポイントは何か
ということ。
 
PR動画作りは、このポイントを見つけ出し、
それを分かりやすく表現して作っていきます。
 
これを提示することで、
PR動画を見た人の印象に残り、
「なるほどね」と興味を持ってくれるわけなんですね。