無駄なお金は使いたくない


動画制作の話になると、
「カメラはどれがいいのか?」
よりも多い質問があります。
 
それは、
「どの編集ソフトがいいですか?」
です。
 
多くの企業担当者の方が、
無料でいいのはないですか?」
とまず口にされます。
 
当たり前ですね。
 
ただ、正確には、
「びた一文出したくない!」
のではなく、
 
無駄なお金は使いたくない!
だと思うのです。
 
つまり、
いいソフトがあったとしても、
それが自社の求めるものにオーバースペックなら、
それは無駄金だと感じてしまう。
 
そのため、
いろんなソフトの機能一覧や
比較表みたいなものを探したり、
作ったりして検討を始めます。
 
ところが、残念なことに、
こういった行為はゴールに近づきません。
 
理由はシンプルで、
「自社にどの機能が必要か」
なんて答えがないからなんです。
 
とっても大事なことを書きます。
 
★編集ソフトに必要な機能は、
 撮影段階で調整できます。
 
経験がある、プロは、
正直、どの編集ソフトでもなんとでもできます。
 
なぜなら、
「その編集ソフトの機能内でできるように注意して撮影するから」です。
 
※もちろん、いろんなケースがありますけどね。
 
これはどういうことか。
 
中小企業様向けの
動画編集の講座を長年開催しています。
 
すると、そこでよく聞かれるのが・・・
 
「ぼかしの入れ方」です。
 
これは最初、本当に驚きました。
 
私は人生で、ぼかしが必要になったことが、
ほぼ無いからなんです。
 
「なぜぼかしが必要なの!?」
 
と不思議に思い、
いろいろ話を聞いているうちに、
分かってきたのは、
 
ぼかしを入れる目的が、
撮影の失敗を隠すため
であることでした。
 
なるほど、と。
 
これは、編集でどうこうしよう、
ということ自体が間違いだとお伝えしたいです。
 
ぼかしって意外とハードルが高いんです。
 
ぼかす部分がずっと固定ならいいんです。
しかし、手前を誰かが横切ったり、
拡大・縮小したり、
移動したりすると、もう大変!
 
しかもぼかす部分は一箇所じゃなかったりします。
 
例えば、

  • イベント会場で通行人の顔を消したい。
  • 工場を撮影したら隣の看板が入った。
  • 机の上のペットボトルのロゴを消したい。

 
ぼかしの他にも、

  • スマホで撮って、すごくブレてるのをなんとかしたい。
  • 部屋がゴミゴミしてる感じがするので、キレイに見せたい。
  • 解像度が小さい(画質が粗い)ので、大きくしたい。

 
これらは全て、
「編集段階で考えることではない」
のです。
 
全て、
撮影段階で対処できるもの
ばかりなのです。
 
移動するぼかし入れは、
正直、私はやったことがありません。
 
やってできないことはないと思いますが、
そもそも
「撮影で注意してたらやる必要ないのに」
と、とても虚しくなる気がします。
 
動画制作は、
始めしっかり・終わりを楽に】。

  1. きちんと企画し、
  2. 無駄がないように準備し、
  3. 確認しながら撮影すれば、

編集はただ並べて文字を入れれば完成です。
 
本当にシンプルなソフトで十分なんです。
 
ところが、

  1. ざっくり企画し、
  2. 手が空いたら準備し、
  3. とりあえずバーっと撮影し、
  4. あとは編集でちゃんとしてよ、

という作り方をすると、
編集ですべきことが膨大になっていく。
 
これを処理するには、
それなりの機能を持った編集ソフトが必要になり、
そもそもその使い方が初心者には難しい・・・。
 
という結果につながります。
 
冒頭の、どの編集ソフトがいいのか、
という話に戻りますが、
 
きちんと企画して準備できる方は、
編集ソフトは最低最小の機能で十分なことが多いです。
(スマホアプリでも十分かも)
 
一方で、
 
撮影の失敗を編集で補おうとする方は、
おそらく、プロ用の編集ソフトが必要になります。
かつ、それを処理するスキルも求められます。
 
ただ、後者の場合は、
アドバイスする方は実は楽なんです。
 
Windows用で無料の、
DaVinci Resolve
というソフトがいいでしょう。
バリバリのプロも使用するソフトです。
https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/
(有料版もありますが、無料版で大丈夫です)
 
機能はバッチリなので、
いろんなことに対応できると思います。
 
(それでも移動するぼかしは、最高級の難易度だと思いますよ)
 
すでに撮ってしまって後悔している方、
はまた別の機会にアドバイスするとして、
 
今回のお話は、
 
「これから作る動画」
に対して心がけるようにすると
活きてくると思います。
 
ぜひ、編集前に注力しましょう!
 
お気軽にご相談ください。
http://dougadiy.com/form/