人の時間を無駄にしない動画を作ろう


知り合いの家に招かれ、
旅行先で撮ったビデオを延々見せられる。

 
または、
 
結婚式の様子を撮影したビデオや、
子供のお遊戯会のビデオを延々見せられる。

 

相手によほど思い入れがない限り、
人生、こんな苦行はない!と思います(失礼!)。

 

ビジネスで扱われる動画も、

同じことが言えると思います。

 

動画がイマイチ嫌われがちなのは、
 

「相手の時間を奪ってしまう」
 

点が根底にあるのだと考えています。

 
資料やパンフレットが分厚くても、

 

興味なければパラパラとめくればいい。

 
ウェブサイトが長くても、
 
興味なければ早くスクロールすればいい。
 

しかし、
 
動画は、見る時間が固定されてしまうのです。
 

しかも、
 
目も耳も、自由を奪われてしまう。

 

ビジネス書は、

 

太字になっている部分だけに目を通すだけで、
言いたいことは伝わるように作られています。

 

ウェブサイトも、

 

強調したい部分は太字になっていたり、
装飾されていたりして、やはり記憶に残る工夫がされています。

 

さて、

 
では、皆さんの作る動画はどうでしょうか?

 

相手が早送りしたり、
音を聞けないシチュエーションだったとしても、
伝わるように構成されているでしょうか。

 

ビジネスにおける「いい動画」とは、

 

相手が必要なことだけを
必要に応じてピックアップできる動画のことではないか。

 
少なくとも、私はいつも、ここを意識しています。

 

◎イヤホンをつけなくても理解できるよう、
テロップを有効に活用しているか。

 
◎何の動画なのか最初に分かるよう、
タイトルを工夫しているか。

 
◎動画を見た後、得られるものが何か、
わかりやすく提示できているか。

 
◎動画の内容が多岐にわたるのなら、
項目ごとに動画を小分けにする必要もあるでしょう。

 

いかがでしょうか。
 

動画の企画の時だけではなく、
【編集】の時にも、
考えるべきことはたくさんあるのです。