“動画制作”とはどこまでを指すのか


問い合わせを受けてみたら、
「それ、動画制作じゃない・・」
ってことも多い。

 

というより、

 

★案件は単純に
「撮影と編集だけやればいい」
ってことの方が少ないのです。
 
そもそも動画を作る目的は
動画を作ることではありませんね。
 
動画は、動画を作って終わりではない。
 
プロモーションだったり
ブランディングだったり、
認知度アップだったり、
 
動画を作る目的がある。
 
そしてその目的を達成するためには、
動画を作ってからそれを公開する必要がある。
 
その公開する方法によって、
動画の取り扱いも変わってきます。
 
みなさんが動画を発注するとして、
 
動画を埋め込むウェブサイトについても知りたいでしょう。
SNSで効果的な見せ方も気になる。
広告ならば、動画を見た後にアクセスするページとの連動もあります。
 
動画を見てもらうためのプロモーションも必要です。
サムネイル制作やコピーライティングも知りたいところ。
 
イベント会場のブースで流すなら、
モニターの設営やらループ再生についても気になるでしょう。
 
* * * *
 
結局、動画を作るということは、
 
動画の中身だけでなく、
その周辺のことも考えなければなりません。
 
これが、動画が難しい、と感じる理由の一つです。
 

  • ウェブサイトの知識も、
  • 広告やプロモーションも、
  • 動画配信やサーバも、
  • 著作権も、
  • コピーライティングも、
  • SNSの運用も、
  • デザインも、
  • 画像も、
  • アニメや3Dも、
  • 外国語(字幕)も、
  • イベントも、

 
・・・
 
動画制作は、どこまででも広がっていきます。
 
動画を作りたいと思ったら、
一度、【全体像を描いてみる】といいでしょう。
 
【全体像を描く】例として、
私のやっている事業をご紹介します。
 
私は「動画制作だけ」は
本業にしていませんが、
 
動画制作の周辺も含めた、
ビジネスモデルの構築サポートをしています。
 
つまり、動画を使ったビジネスの
全体像の構築を仕事にしているのです。
 
例えば・・・
 
●”教える”ビジネス構築

  • パワーポイントのまとめ方
  • セミナー集客
  • DVDの販売・オンライン講座化
  • 広告プロモーション

 
●動画を活用した営業マン育成

  • 商品カタログを動画化
  • タブレットを使ったトーク術
  • 社内の商品を次々動画化する方法
  • 動画ファイルのやりとり・管理法

 
●店舗のイメージ戦略

  • ホームページやブログ
  • 動画の更新、SNS活用
  • 認知アップと集客
  • チラシと動画の連動

 
* * * *
 
【全体像を描いてみる】
という意味が伝わったでしょうか。
 
こういった広い視点を持つと、
それぞれのビジネスモデルの中の
動画制作の位置付けや重要度が決まってきます。
 
すると、
どの程度凝ればいいのか、
どの程度費用をかけられるのか、
どの程度の長さがいいのか、
 
などといったことが導かれてくるのです。
 
「カメラはどれがいいか?」
「制作会社はどこが安いか?」
などという枝葉末節ではなく、
大きく大きく考えてみる。
 
動画制作に詰まっていたら、
一つの突破口になるかもしれませんよ。