編集プログラムを保存しておく


動画を作る過程で、
【変更・修正】というのは何度か発生する
と考えるのが普通でしょう。

 

事前にどれだけ打ち合わせをしたとしても、
完成したときには何かしらいじりたくなる。
 
これはとてもよくあることだと思います。
 
「ここはもう少し長く見せられないか」
「ここの文字が分かりづらい」
 
など、変更・修正依頼がくるわけです。
 
直した動画を見てもらって、
場合によってはまた、
別の場所を変更・修正する。
 
これを何度か繰り返します。
 
さて、
 
私が注意していることがあります。
 
それは、
クライアントも迷っていることがある、
人によって意見が割れることもある、
ということ。
 
つまりですね、
 
「前のあれ、やっぱよかったので戻して」
 
なんていう修正も結構あるのです!
 
* * * *
 
どんな動画編集ソフトを使うにせよ、
編集中のプログラムというものがあります。
 
変更・修正を加える編集中のものですね。
 
初期のころは修正するたびに、
このプログラムを上書きしてしまっていましたが、
「前のバージョンも残しておく」
というのもとても大事です。
 
具体的には、変更・修正の度に、
この編集中のプログラムをコピーします。
 
そしてコピーしたプログラムを新しく
変更・修正するのです。
 
変更・修正は、
ただ変化していくだけではなく、
逆戻りすることもある。
 
これを覚えておくと、
「えぇー!!」
ということがなくなりますよ。