残念なビジネス動画のつくりかた

【残念な】ビジネス動画を作る4つの方法


残念なビジネス動画を作る、簡単な方法を4つご紹介します。

 

1:顔が暗い

残念なビジネス動画のつくりかた

部屋の中では、照明はたいてい天井にあります。

そして屋外でも、太陽は上にあります。

つまり、普通に撮ると、自然と顔が暗くなります。

下からレフ板を当てたり、胸を張って顔を上げたりすると、

顔がきれいに見えるようになります。

 

2:表情が暗い

残念なビジネス動画のつくりかた

演出の話です。

人と会話してても、「つまらなそうにしているな」「自信無いんだな」というのはすぐに伝わります。

これは、動画でも同じです。

うつむいてしゃべったり、視線を下にして話すだけで、簡単に残念な動画ができあがります。

胸を張って話したり、好きなことを話すと、

放っておいても生き生きした表情になります。

ちなみにカンニングペーパーを読むのも、すぐに分かります。

 

3:背景がぐちゃぐちゃ

残念なビジネス動画のつくりかた

部屋の中でも屋外でも、人物の背景にいろんなものが置いてあると、簡単に残念な動画ができあがります。

サムネイルの段階で、パッと判断されてしまうわけです。

ポイントを一つにしぼると、シンプルで伝わりやすい動画になります。

 

真っ白な背景の前で話したり、背景をぼかして撮影すると、

分かりやすい画面になります。

 

4:声が聞こえにくい

残念なビジネス動画のつくりかた

声が聞こえにくいのが、実は一番残念な動画です。

 

どんなに立派で役に立つ内容でも、聞き取りにくければ、視聴者は瞬時に去ります。

部屋の中でも、意外と声は響いて聞き取りにくいものです。

ピンマイクを使ったり、マイクを少しでも近づけたり、雑音の無い場所で撮影したりするだけで、

一気に改善されます。

 

 

以上、4つの方法をご紹介しました。

 

「残念な」ビジネス動画をつくるのは、本当に簡単です。
是非、気を配ってみてください!!