一人で照明について練習する方法


カメラを変えれば、映像は変わる。

 

そんなふうに考えている人が多いです。

そのため、

「どのカメラを使えばいい映像になるのか?」

という質問が途絶えない。

 

しかし、実際には照明が映像を大きく左右します。

上手な映画というのは、照明をうまく使っています。

照明の当て方一つで、役者の表情も違ってくるのです。

 

さて、この照明。

書籍を読んだり、ネットで調べても、やはりピンときません。

ところが、一人ではなかなか練習ができない。

 

そこで、自宅で照明の感覚をつかむ練習方法として、

リアルな人形を使う、という方法をご提案します。

 

これは見ていただいた方が早いでしょう。