動画制作の金額は自分で決められる


動画制作の費用についての内容です。

例え話ですが・・・

チャーハンを作るとします。

チャーハンの素を買ってきて、
残り物のご飯に混ぜて炒める。

家族で食べる分には十分おいしいでしょう。

そこに、

エビを買ってきて

炒めて混ぜるとどうでしょう。
ちょっとグレードアップします。

豚の角煮を混ぜてもおいしいですね。
牛肉を混ぜてもいい。

あんかけチャーハンなんてのもいい。

もちろん、チャーハンの素を使わず、

自分で味付けをする人も多いでしょう。

エスニックな調味料を買ってきたり、

玉ねぎをじっくり炒めたり。

高級食材を入れてちょっと豪華な

チャーハンにすることもできますね。
・・・ここで質問です。

「チャーハンを作るのにいくらかかりますか?」

きっとこう考えるのではないでしょうか。

「どんなチャーハンを作るかに寄る」と。

「動画を作るのにいくらかかりますか?」

と本当によく聞かれます。

私はこの質問主をすぐに満足させることができません。
なぜなら回答はどうしても、

「どんな動画を作るかに寄る」

となってしまうからです。

もごもご口ごもっていると、

「ざっくりとでいいから!」
と急かされ、適当な金額をいうと、

「また検討しまーす!」
となる。

・・・すべての会話が、不毛です。

最近は、
「じゃあ、いくら出せますか?」
と聞き返すようにしています。

そしてその金額内で作る提案をします。

同時に、

●このくらい付け加えたらこんなものができる。
●これを諦めれば、このくらい安くなる。

というオプションも必ず提示します。

考えてみてください。

「200円でチャーハン作ってよ」
と頼まれてもできそうじゃないですか?
同時に、

「1万円渡すから、チャーハン作ってよ」
と言われても、やっぱりできそうですよね。
料理も動画も、
金額から逆算して、

素材と手間、かかる時間を考えるんですね。
動画のつくりかたの<仕組み>を
誰にでもわかりやすく伝えていく。

これは、私のミッションです。

ご質問・ご相談などお気軽にメールくださいね。
info@karufu.net