動画による取扱説明ってこんなに便利


dougadiy010

 

取扱説明書って、読まないのに無いと困るという不思議な存在です。
各メーカーも、取扱説明書は工夫をこらしているようです。
冊子だったものがPDF化されたり、オンラインで閲覧できるようになったり。

 

そんな中、動画の取扱説明書も増えてきています。

YouTubeで使ってる様子をチェックする人も多いのではないでしょうか。

今回は、動画の取扱説明書を掲載しているメーカーの事例と、そのポイントについてまとめてみたいと思います。

 

■タニタ

体組成計の設定を動画で紹介しています。
0:01_ご使用の前に
1:15_地域とカレンダーの設定について
3:33_ペアリング設定・デバイス登録について

こんな風に目次がついているのが非常に素晴らしいです。

動画って、ザッピング(パッパッと眺めていく)だけだと何が起きてるのか分かりにくいですからね。
50ページほどのPDFも一緒に配布しています。

 

■キヤノンのプリンター動画取説

http://cweb.canon.jp/e-support/faq/animation/ij/ip7230-list.html

これは、フラッシュをダウンロードしていないと見れないのが残念です。

目的ごとに動画を分けているのがいいですね。
Q&Aみたいで分かりやすいです。

 

■ステディカムの試し撮り


ステディカムって何?という方もいるでしょう。

そんな特殊な商品の場合、言葉や写真であれこれ書くより、動画を見た方が早いことは多いです。
これはまさに適例ですね。

アマゾンサイトでも、ユーザーの試し撮り動画がアップされています。

これからもっと普通になっていくでしょう。

 

 

いくつか例を挙げました。

自分なりに、「こうするといい」というポイントをまとめてみます。

 

■一つ一つの長さは短く

どれも、1~2分ですね。このくらいが、気楽に見られる長さでしょう。逆に短すぎるのも・・30秒くらいはあるといいかもしれません。

 

■項目ごとに動画を分ける

ヘルプ画面も、設問ごとに分かれていますよね。この方が使いやすい。

 

■見るだけで分かるように

音声で説明することも大事ですが、場合によっては音声を出せない・聞けないこともあると思います。そのため、同時に字幕をつけたり、見るだけで分かるような動画が役立つと思います。

 

■使用感が分かる動画もあるといい

ユーザー目線の動画もあると丁寧ですし、自分が使った時のことが具体的にイメージできますね。

 

動画取説の企画に参考にしてみてください。