インタビュアーは顔芸が命


インタビュー撮影で私が心がけているのは、
インタビュアー自身のことです。

 
つまり、聞き手ですね。

 

一般的な「記事の」インタビューでは、
インタビュアーは、
「なるほど!」
「それでどうなったんですか?」
といったあいづちで、相手の言葉を引き出していきます。

 

ところがインタビュー「撮影」では、
当然のことながら、
声を出すことができません
 
相手の声と、インタビュアーの声は、
かぶってはならないわけです。

 

じゃあどうするか。

 

最初に、インタビュアーと相手との間で、
やり取りを決めておきます。
 
「私が質問をします。そしてすぐ、
こうやって手でどうぞをします。
それから話し始めてください」

 

インタビュアーが質問し、
話し始めてくださいの合図をし、
そこから相手が話し始める。

 

相手が話し終わるのを確認して、
インタビュアーも
ワンテンポおいてから答える。

 

・・・これが撮影方法としては正しい。
 
でも!
 
どうしても、テンポが悪くなります

 

打てば響くような、
当意即妙な会話ができないのです。
 
卓球のラリーをするのに、
いちいちボールを手でつかんでる感じ。

 

これでは、
インタビュー撮影の演出をしたのに、
それを台無しにしてしまう。
 
いい方法はないのでしょうか。

 

* * * *

 

そこで私がやっているのが、

【顔芸】

なのです。

 

インタビュアーは声は出せません。
出せないのだけど、相手が言ったことに対して、
こちらが反応すればいいわけです。
 
例えば相手が面白いことを言ったとする。
 
インタビュアーは声を出して笑えません。
笑えないのだけど、大きく口を開けて
声を出さずに顔全体で笑う。
上半身を揺らしてもいい。
 
なるほど!の代わりに、
黙って何度もうなづく。大きな身振りで。
 
驚いたときは、大きく目を見開く。

 

こういった【顔芸】を、
ちょっと大げさなくらいの身振りで行うんです。
 
相手の言葉に声で反応する代わりに、
それを補う、
いや、それ以上の反応を【顔で】する。

 

これ、相手の言葉を引き出すのに十分ですよ。

 

恥ずかしいですか?
おそらく、インタビュアーの様子だけ見ると、
とても滑稽でしょうね。

 

しかし、これも大事な、演出。

 

私は音楽のことは全く分かりませんが、
オーケストラの指揮者が身体全身を動かし、
表情豊かに指揮をしているのが、
とても分かる気がするのです。
 
演奏者に言葉で伝えることができない。
だから、ああいった表現方法になるのでしょう。

 

動画のインタビュアーも、
それと似ているのではないかと思うのです。
 
インタビュアーが恥ずかしいのなら、
インタビューされている人だって恥ずかしい。
 
互いに恥ずかしいのなら、
そんなの、考える必要もないのです。

 

どーんと顔芸をしてやりましょう!