【エピソード】すみませんでした、と謝るつもりでした


2003年ごろのエピソードです。
 
当時から私は、
「お店の紹介動画を」
「サービスをPRする映像を」
などと依頼を受けていました。
 
そんな中、
 
「映画を作ってくれないか」
という依頼が舞い込んできたのです。
 
とある会社の社長さんから、
彼の自伝映画を撮って欲しい、と。
 
予算も大してあるわけでもない。
それでも、できる限りのことをやろう、と考えました。
 
その社長の書いたシナリオを元に、
2ヶ月間夢中で撮影したのです。
 
ちなみに、主演はその社長です。
 
そして15分ほどの作品が完成しました。
 
私は「うーむ」と唸りました。
正直自分の中で納得できる出来ではなかったからです。
 
当時「本業ではなかった」とは言え、
自分なりのプライドがありました。
 
謝って、無かったことに
してもらおうか、とも考えました。
 
ところが、その完成映画は、
その社長さんの誕生日パーティーでお披露目になる、と聞かされました。
 
もう後戻りはできません。
 
* * * *
 
その日は真夏日でしたが、
私は別の汗をかいていました。
 
ホテルの一間で開催された
社長の誕生日パーティーは、
数百人の招待客で賑わっていました。
 
そんな中で、映画は上映されたのです。
 
私は会場の片隅で、カメラマンと二人、
小さくなってうつむいていました。
 
終わったら、すみませんでした、と謝るつもりでした。
納得いく作品にはなりませんでした、と。
 
上映が終わり、会場が明るくなりました。
そして、その社長が私の方に向かって歩いてくるのが見えたのです。
 
私はうつむいていて、
社長のつま先が止まったのが分かりました。
 
思い切って顔を上げ、
 
そして、
言葉を失いました。
 
 
その社長は、ボロボロ泣いていたのです。
 
 
「こんなうれしい日はない」と
何度も何度も私の手を両手で握りしめました。
 
会場からの帰り道、
コンビニでお酒を買って、
 
近くの公園のベンチでカメラマンと2人、
ベロベロになるまで飲みました。
 
私たちも、うれしかったんです。
 
* * * *
 
自分の満足度をゴールにしない。
それは一人で練習する時に考えるべきこと。
 
依頼されたら、
目の前の依頼主のことを考える。
どうやったら喜んでもらえるかを考える。
 
それが私のポリシーです。
 
お気軽にご相談ください。
http://dougadiy.com/form/