動画の編集は両手でやろう


初心者の方の作業を見ていると、
右手でマウスをカチカチやりながら、
左手は頬杖をついたりしている。

 

これ、無駄が多いです。

 

【断言します】

 

初心者が編集が遅いのは、
次の3つが原因です。

 

(1)片手で操作している
(2)再生チェックが無駄
(3)全体が見えていない
 
それぞれ解説します。
 
* * * *
 
(1)片手で操作している
 
片手、特に右手を使うことが多いですが、
片方の手だけで編集を行うと無駄が多いです。
 
右手で映像を選択して、
右手で再生ボタンを押して、
右手で再生をストップさせ、
右手で映像をカットする・・
 
マウスのカーソルが、
画面上を縦横無尽に飛び回るわけです。
 
・・・無駄な動きが多すぎる。
 
編集作業というのは、
両手を使うことで、
かなりスピードアップが可能なんです。
 
両手それぞれの仕事を振り分けましょう。
 
右手の仕事は、
 

  • クリック
  • 選択
  • ドラッグ

 
左手の仕事は、
 

  • 再生&ストップ
  • コピー&ペースト
  • 保存

 
全ての編集ソフトを確かめたわけではありませんが、
再生・ストップは、スペースキーを使うことが多い。
 
これは左手でやってください。
 
ウィンドウズとマックで異なりますが、
コピー・ペーストや保存も、
左手でショートカットキーを操作する。
 
慣れるべきです。
 
(2)再生チェックが無駄
 
タイムライン上の映像をチェックするのに、
一つ一つ、全部再生して眺める。
 
これも本当に多くの方がやります。
 
時間の無駄です。

 
タイムライン上で、必要そうな場所をクリックして
そこだけ再生すればいいですよね。
 
飛ばしながらチェックすべき。
 
※これは文章だと伝わりにくい内容かも。
 
分からなかったら、
「全部再生しなくても内容は分かる」
とだけ理解してください。
 
(3)全体が見えていない
 
これはそもそも論なんですが・・・
 
最終的にどんな動画にしたいのかが
決まっていない状態で編集している人がいます。
 
経験を積んでくると、
ゴールがなくても編集したりすることもあります。
 
それでもそんな人は、
経験から「なんとなくこうしたい」
というものが出来上がっているんです。
 
初心者の段階では、
上司や同僚と、
「こんな感じの展開で」
「このくらいの長さにしよう」
 
と、仮でいいのでゴールを決め、
やって見て、修正する。
 
大まかな部分から操作し、
細かいところは後回し。
 
いきなり冒頭から細かい作業をしても、
あとで直すことになるだけ。
 
「だいぶ前に操作したアレをやり直したいんですが」
これもまた、初心者にありがちな質問です。
 
そしてこれがまた、時間のロスなのです。
 
私自身は、「後戻り」はほぼゼロです。

 

私の「編集塾」では、
機能の説明だけでなく、
こういった作業の効率化についても指導しています。
 
時々開催していますので、チェックしてみて下さい。