構成が参考になる!クノール工場見学の動画


-初めての動画マーケティング塾-

factory_tour

 

動画の伝わり力というのは、撮影技術よりも「編集力が大事」だったりします。

今回、クノールの工場見学の動画を題材に、「構成」を見てみたいと思います。

 

クノール工場見学:スープができるまで

 

●トランジションのカラフルな光がいい

0:03→0:04

トランジション、つまり、カットとカットが切り替わる時のこと。
普通は、ブツッと切り替わったり、徐々に切り替わったりします。

この動画では、ここに、白く飛んでカラフルな光を使ってます。
これ、きれいですね。
小さなこだわりが見えます。

 

●商品ができあがっていく順番に紹介している

これは基本かもしれません。

 

●映っているものが動いている時はカメラは固定、
映っている景色が静止画の場合は、カメラが移動撮影

これ、ポイントですね。

つまり、常に動いているカットばかりの動画、ということ。
これにより、躍動感あふれる動画になります。

 

●ラストのテロップ(明るめ映像に白文字)がいい

0:54→0:55

ギトギトしたどぎつい文字より、ぐっと安心感があります。

 


 

今回は工場見学という動画でしたが、他の「案内動画」にも使えると思います。
是非、構成を参考にしてみてください。