イメージを説明するのが難しい


ある時、質問されました。
 
「撮影の時、後ろの壁を
白くする方法を教えてください」
 
●人物の後ろを白くしたい。
 
これを聞いて、みなさんならどう答えますか?
 

  • 白い布を壁から垂らす方法
  • ブルーバックで合成する方法

 
などが現実的であることをお話ししました。
 
ひとしきり話したあとで、
その人は言いました。
 
そうじゃないんです、と。
 
いろいろ聞いてみた結果、
「事務所の壁の前に立って撮影すればOK」
というオチになりました。
 
「なるほど、そう言えばよかったのか」
と、その人は納得していました。
 
「壁を白くする」という言葉に惑わされ、
ややこしい回答をしてしまったのでした。
 
* * * *
 
頭の中にイメージが浮かんだ場合、
それを言葉にして説明するのが難しいのです。
 
だって、
<イメージを言語化する>
訓練なんて誰も受けてませんからね。
 
専門家同士でも、
 
撮りたいイメージを話し合う時、
言葉を尽くしてじっくり話すんです。
 
それでもうまく伝わらないから、
絵コンテやイメージボードなど
いっぱい用意するのです。
 
私がカメラマンにイメージを伝える時、
 

  • 絵コンテで視覚的に表現し、
  • 言葉で補足解説し、
  • カメラ位置を具体的に指示、

 
しています。
 
ここまでやっても、
まだ微調整が必要です。
 
カメラマンが”私の指示通りに”
セッティングしたのを確認すると、
少し直す必要があります。
 
専門家同士でも、
これだけやりとりが発生する。
 
私が初心者の方から質問される時、
その人の言葉をそのまま
鵜呑みにしないように気をつけています。
 
必ずしもその言葉通りの
意図ではないことも多いからなんです。
 
繰り返しになりますが、
これは誰が悪い、ということはありません。
 
イメージを表現するときは、
なるべくいろんな例えを使ってみましょう。
 
「映画○○のあのシーンみたいな」
「ドラマのあのシーンみたいな」
「お笑い芸人のあの動作みたいに」
「○○のテレビCMのあれみたいに」
 
イメージというのは、そもそも言葉にしにくいもの。
だからこそ、それがうまく映像化できれば、
 
それまで言葉で伝えられなかったことも、
動画で伝えることができるようになるんですね。
 
ご相談はこちらまで!