お客様は神様じゃない


プロのインタビュアーに、
インタビューしてもらうことになったとします。

 

当日は、インタビュアーからあれこれ聞かれ、

いろんなことを答えます。

 

そうして後日、
インタビュー記事が出来上がってきます。

 

話したのは、嬉し恥ずかし、
ドキドキしながら記事を読みます。

 

しかしなんだか、気になる表現もある。

 

「タイトルはこう直して」

「この表現は間違いを招きそうだから、もっと長く解説した文章を送るよ」

「それから、こことここ、入れ替えて」

「あと、言ってないんだけど、この文章も加えといて」

 

・・・こんな風に原稿にびっしりと赤ペンを入れて戻す。

 

もし、インタビューされた人が、
こういう行動をとったらどうでしょうか。

 

おかしいですよね。

 

* * * *

 

しかし動画制作だと、これが起こるんです。

 

シナリオや企画もまとめ、
絵コンテも納得し、
撮影当日もモニターチェックも欠かさないのに、

 

編集して終わった後の動画に対し、
クライアントは膨大な変更を希望します。

 

シナリオも、
絵コンテも、
撮影当日に話したことも、

 

全てすっ飛ばして変更を希望します。

 

変更する理由が、
「焦点が合ってない」とか、
「希望したものを撮影してない」とか、
明らかに撮影側のミスならば理解できます。

 

しかし、

私の経験ではほとんどの変更が、
「前に言った表現を変えたい」とか、
「やっぱりこれも入れたい」とか、
途中で気が変わった類のものなのです。

 

しかも、クライアント社内で話し合う度に、
2転3転することもままある。
その度に文字は増え、尺も長くなりがち。

 

お互いに哀しい。

 

こんなことが、あっちこっちで起きていると感じます。

 

これは、どちらが悪い、
と言い切れるものではないと考えています。

 

動画制作に造詣が深い人でない限り、

 

★文字や絵コンテから完成動画を推測できない

 

という一点に尽きるのでしょう。

 

だから、いざ完成してみると、
思っていたのと違い、あれもこれもと変えたくなっていく。

 

動画制作業者も、
クライアントも、

 

「少しでもいい作品を作りたい」

という共通のゴールを目指しているはずなのに、
意見が噛み合わない。

 

・・・哀しい。
・・・虚しい。

 

プロはなぜプロなのか。

それは、
機材が触れるからだけじゃないんです。

 

<視覚的な見せ方・伝え方>を知っている。

 

作った動画の構成や、素材の取捨選択、
テロップのタイミング、フォントや大きさ、
ポイントのまとめ方・・・

そういったことこそが、プロの技です。

 

それを片っ端から修正していくのは、
ちょっともったいないのでは、と思うんです。

 

商品やサービスを扱う人は、
自分で客観的な判断がしにくいことが多い。

 

だから、動画制作者が一つの形にしたものも、
外からはこう見えている、という参考例。

 

一方、動画制作者側も、
もっとうまいやり方・提案方法を工夫していく必要があるでしょう。

 

これは、残念ながら答えがないし、
なかなか現実的ではないことが多い。

 

クライアントとのコミュニケーションを濃く長くすればいいかもしれない。
でも、その分、制作費用に跳ね返ってきて選ばれなくなる。

 

制作者の苦悩も、痛いほど理解できます。

 

* * * *

 

あまりにケースバイケース過ぎるし、
いつもこういうことが起きているわけでもない。

 

今回は、あまりに答えのない話題を取り上げてしまいました。

 

でも、制作者にしてもクライアントにしても、
思い当たる節がある方は、いるんじゃないかと思うのです。