シティ・プロモーションの動画活用について


最近、シティ・プロモーションの相談がどんどん増えています。

地方の動画活用ですね。

 

「シティ・プロモーションの相談を
受けているので、その相談にのって欲しい」

というややこしい状況にもなっています ^^;

 

シティ・プロモーションが悩ましいのは、

■答えなんてどこにも無い。
■他の事例を真似ても意味が無い。

という点があるからだと思います。

 

動画を使うのは、目立つため、
多くの人の興味関心をひきつけるためなので、
二番煎じや猿真似は意味がありません。

 

つまり、
せっせとヒット事例ばかり集めても意味が無い。

 

見れば見るほど、
”どこかで見たような動画”になってしまう。

 

しかし。

 

かと言って、ゼロから自分たちで
アイデアを思いつくことは、
これまた現実味がありません。

 

映像について造詣が深い人って、
周りにそんなにいないわけです。

 

仮に思いついたとしても、
そのアイデアをどうやって
形にしていったらいいのか、
途方にくれてしまうんです。

 

そこで考えるのが、

「そうだ、プロに依頼しよう」

です。

 

これは、いい・悪い、とは言いづらいのですが、
一つだけ私の意見を言います。

 

プロにお願いして丸投げするのは、
特に、奇抜なアイデアでアピールする動画は、

★ギャンブル性が強い。

 

私が思うに、うまくいかないのは、
依頼する側にも非があります。

「プロに頼めばいいだろう」
という依頼心だけで、
相手がいい仕事ができるとは思えません。

そして、プロからの提案に対し、
「どれが良くてどれが良くないか」
という判断基準を持っていないのでは、
コミュニケーションも取れません。

また、これは大きな声では言いにくいですが、
そんな相手をカモのように考える”プロ”がいないとも限りません。

 

* * * *

 

私が関わった最近の事例を一つご紹介します。

 

群馬県の桐生市で、毎年映画祭が開催されています。
<きりゅう映画祭>です。

これも一つのシティ・プロモーションですが、
映画祭の実行委員長はさらに企画を考えました。

市内の小学生達に
映画を作ってもらおうというものです。

 

そこで、
まったく知識・経験のない人を対象に
映画制作ワークショップを14年やっている私に、
白羽の矢が立ちました。

 

実際にお会いして話し合いをし、

実行委員長の強い想いに応える形で、
プログラムを作り、運営チームを固めました。

 

結果、
小学生だけによる映画が3本完成し、
映画祭当日に上映することができました。

 

子ども達の影響で、
それまで映画祭に興味なかった層の動員も増え、
市民の方たちからもいい反応が得られました。

 

開催までのことを考えてみると、
私なりに次のように分析します。

・実行委員長の熱量がすごかった
・実行委員長が周りを巻き込んでいった
・実行委員長のやりたいことが明確だった

 

一方、

・プログラムづくりは完全に任せてもらえた
・実施するための現地の協力体制が完璧だった
・実行委員長の想いに共感する運営チームを作った

 

どちらかだけに気持ちが偏っていたら、
やはりうまくいかなかっただろうと考えています。