撮影は背後にも気をつけろ!


編集する際、
「あっ」と撮影ミスに気づくことはよくあります。
 
(というより常に!?)
 
撮影後に気づく最たるものが、
「余計なものが写ってた」というもの。
 
そんなはずはない!
きちんとチェックしてる!
 
・・そんな声が聞こえてきます。
 
撮影中は、構図とか対象がきちんと写ってるかばかりに気を取られます。
 
しかし、問題はその背後にあることも多いんです。
 
スタッフや外部の担当者がいたり、
クライアント様も同席していたりと、
撮影現場にはたくさんの人がいることも多い。
 
気持ち的に、
「これだけの人たちがチェックしているのだから」
という甘えが起こらないとも限りません。
 
クライアント様がいれば当然、
「これでどうですか?」とモニター確認をしてもらう。
 
相手が「OK」と言ったからといって、
それで問題ないと考えるのは甘い。
 
クライアント様は対象しか見てなかったりするんです。
 
もう一度書きます。
 
★問題は、背後にあることも多いんです。
 
スタジオじゃない限り、
室内やオフィスなど普通の空間は、
<余計なもの>であふれています。
 
いろんな企業のいろんな商品だってあふれている。
 
撮られている人たちも、
普段生活したり仕事をしている場所だと、
「どれが余計なもの」かどうかなんて気づけないんです。
 
難しいのは、
カメラマンとしての視点では気づけないものもあること。
 
・この商品は、競合に当たるからまずい、とか
・この壁のポスターは写ってはまずい、とか
 
だから、カメラマンの方からクライアント様に
「あれ、写ってもいいんでしょうか」
と確認するくらいが必要かもしれません。
(とっても難しいですが!)
 
または、
「背後に、写ってはいけないものはありませんか?」
とモニターを指差して聞く必要もあります。
 
これ、とても大事でしょうね。
 
物理的にあるかどうか、よりも、
意識できる・できない、の方が厄介ですね。
 
お気軽にご相談ください!
http://dougadiy.com/form/