担当者とのやりとりを円滑にする3つの方法

撮影スキルがどれだけ高くても、 現場の担当者や上司の【好みの壁】は避けられない、 という話を何度かしています。   提案するとき、 「それがどれだけ優れているか」 に一生懸命になってもあまり意味がないこともあり…


動画提案の難しさは「上司の壁」

クライアントと動画の企画を進める中で、 「どうしたいですか?」 「ご希望はありますか?」 こういった質問を投げかけることは無数にあります。   しかし同時に、 全ての判断をクライアント任せにするのは良くありませ…


お金をかけるのは、 動画を見る人に影響がある部分だけにしよう

私はドケチです。   映画を作る時のシナリオは400字詰め原稿用紙がうんぬん・・ と言われますが、   私は横書きでA4コピー用紙にびっしり印刷します。 インクがもったいないからです。   …


動画自体をお金に変える

どんな動画を作るか? これはいくつかのジャンルに分けられます。 このジャンル分けをイメージしておくと、 企画がしやすくなるでしょう。 動画というのはいろんな使い方ができますが、 私はいつも、動画を3種類に分けて説明してい…


絵コンテと完成動画を比べて見てみる

絵コンテがいい・悪いという議論がありますが、 事前に絵コンテを描いてから撮影準備をすると、 スタッフ同士でイメージの共有ができます。 また、監督がいなくとも、カメラマンも何をどんな構図で撮るべきかが理解できています。 結…


動画の企画はどんどん膨れ上がる

「うちもウェブサイトに動画を載せよう」 そんな話が出て、 少しパソコンに詳しそうな人や、 若い人が動画制作の担当者に選ばれたりします。   ■会社概要のところに<社長のメッセージ>   こんな動画を作…


動画づくりの壁

動画制作には おおまかに次のような工程があります。 1)企画を立てる 2)シナリオを書く 3)準備をする 4)撮影する 5)編集する 6)公開する   今回は、この工程の中にある、 大きな<壁>について お話し…


その企画、動画にしたら何分になるの?

自分の企画、 動画にしたら何分になるか、分かりますか?   言い換えると、 自分が書いた文章が何分の動画になるのか、 計算できますか?   400字詰め原稿用紙=1分 映画やドラマの世界では、 <40…


動画による取扱説明ってこんなに便利

  取扱説明書って、読まないのに無いと困るという不思議な存在です。 各メーカーも、取扱説明書は工夫をこらしているようです。 冊子だったものがPDF化されたり、オンラインで閲覧できるようになったり。  …


ビジネス動画教材を作るには?4種類のカメラ比較

そもそもカメラはどれを使ったらいいのでしょうか。 これはどなたも悩むようです。 「ケースバイケースです」 こんな役に立たないアドバイスをするつもりはありません。   4種類のカメラを比較して、メリット・デメリッ…