映像を悪くする要素・良くする要素


撮影についてのお話です。
もっとも気になる部分かと思います。

 

映画やCMや、ネット上での動画を見て、
「いい映像だな」と思った時、
それを分析することはありますか?

 

撮影というのは、
とにかくたくさんの【邪魔】が入ります。

 

そして、その【邪魔】によって、
映像はどんどん悪くなっていくんです。

 

* * * *

 

撮影の際に気にする点は、大きく2種類考えられます。

 

「映像を悪くする要素」と、
「映像をよくする要素」です。

 

例を挙げましょう。

 

  • ピントが合っていなかった。
  • 通行人など余計なものが映ってしまった。
  • 逆光で顔が真っ暗だった。
  • 映像が薄暗かった。
  • 映像がブレてしまった。

などなど。

 

これらはマイナス要因です。
「映像を悪くする要素」です。

 

一方、

  • 構図がかっこいい。
  • 迫力がある。
  • 色合いがきれい。

 

これらは、プラス要因です。
これらこそ「映像をよくする要素」なんです。

 

こういった要素は、撮る人の個性やアイデアから生まれます。

 

撮影の基本はシンプルです。

 

「映像を悪くする要素」に気をつけ、
「映像を良くする要素」をじっくり考える。

これだけなんですね。

 

もし、
自分が撮った映像に不満があった場合。

 

それが、
マイナス要因によるものなのか、
プラス要因が足らないのかを考えましょう。

 

この分析で、皆さんの映像は変わります。
そういった小さな積み重ねで映像が違ってきます。

 

そして実は、マイナス要因対策は、
カメラの基本設定として揃っているんです!

 

  • 焦点が合っていなかった >>オートフォーカス
  • 逆光だった >>逆光補正
  • ブレてしまった >>手ぶれ補正

その他は、工夫で避けることができます。

 

  • 薄暗かった。

明るい場所に移動するとか、
昼間に撮影するとか、
部屋を明るくするとか、

そういう簡単な工夫で避けられますね。

 

最後に、

 

・余計なものが映ってしまった。

 

これは、撮影の際に注意するべきことですね。

 

逆に言うと、注意すべき点は、
たったこれだけになるまで絞りこめるのです。